星組公演『ガイズ&ドールズ』感想その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スカイ役、星組トップスター北翔 海莉

歌唱力演技力等々、技術面ではここ最近のトップ達の中でも群を抜いていると思います。「ああ、自分は今ちゃんとしたプロのミュージカル観てるな」、という気持ちにさせてもらえる。

台詞とかもハッキリしててすごく聞きやすいですし、とにかく見ていて安心丁寧な役者だなぁという印象。

 

ビジュアルも大劇場トップデビューしてから星組流?っていうんですかね。若干凛々しく、男らしくなったような気がしました(気のせいかもしれませんけど)。

少なくともトップとして見た目がどうかとか、そういうのは感じませんでしたね。もうちょっとシェイプアップできれば完璧だと思います(;^_^)

 

 

唯一気になったのは、やっぱりスカイというキャラとの親和性いや、上手いけどさ

 

みっちゃんの芸風の問題ですかね?微妙に「てやんでい」調に見えるというか。台詞回しも気持ち「ちょっと待て!」みたいな。

 

下水道の賭博の場面の「バッキャロー!ぁこの勝負には、金以上のモンが賭かってるんでぃ!」デデン!)のくだりなんて、まるで仲間の危機に颯爽と駆けつけた時代劇のヒーローみたいだった(;^_^)

しかもこの後の歌、みっちゃんノリノリになってるのかちょっと演歌っぽく聴こえるし(;^_^)

いや、上手いけどさ

 

まぁ、それでも有無を言わさぬ実力、もはや力技で柄でないはずのスカイという人物を演じ切り、十分に金取れるレベルに仕上げてきたのはすごいと思います。

チケット代に見合った物以上のパフォーマンスを提供してくれるのは観ていて気持ちが良いです。

やはり北翔海莉トップになるべくしてなったスターであると改めて感じました。

 

全国ツアーの時は「専科特出」の感が拭えなかったのですが、こちらも慣れてきたのか今回は普通に星トップとして見れましたね。

それにトップ代わったことによって組全体の雰囲気も変わって見えたような気も。

何て言うんですか、繁盛していた焼肉屋が突如料亭にリニューアルしたみたいな(←上手いこと言ったつもり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 楽屋 より:

    料亭…笑
    新公はご覧になりましたか?
    そちらのご感想も是非伺いたいです(^^)

  2. もなか より:

    ワタクシ、初演見ました(年がバレる)
    母が大地さんのファンだったので、結構、大地さんの見てますが・・・子供心に思っていたのは、大地さんて江戸っ子なんだねーでした(笑)
    不良っぽくてイキのいい男の人がふとした瞬間に見せる少年のようなナイーブさ、というのが大地さんが人気あった理由かと思うんですが、そこがスカイに大地さんがハマった理由でもあると思います。演出家がディーンとかやらせたくなるのも解ります。
    でも、大地さん、やっぱりスカイもべらんめいでしたよ。
    だから、みっちゃんがインタビューで言ってた再演より初演に近くって江戸っ子スカイってこと?そこ?と思ってました(笑)

  3. ふくふく より:

    三回くらい観ましたが、たまに次郎吉つぁん?と思う時がありました(笑)。
    「お控えなすって!」て言われても驚かないし、ニューヨークというより昭和の日本。

    でも、サラとのやり取りは、余裕のある大人に口説きにドキドキしましたし、色気ある素敵なスカイでした。
    上手いだけでなく、みっちゃんこんなかっこ良かったっけ?風ちゃんと組んで化学反応起きたかな?と思いました。

  4. じろー より:

    大劇場、通いました!ポスターがあまりに素敵で、期待大でしたが、せり上がってきたみっちゃんは、みっちゃんでした(^ω^)が、素晴らしいトップ誕生ですね!

    私もスカイとみっちゃんには若干、拭えない違和感を感じましたが、それ以上の歌やお芝居の良さに、ミュージカルを堪能できました。

    星組のオラオラ感もなくなり、良い意味での化学反応を目の当たりにし、トップが変わるだけでこうも変わるか!と驚きましたー。

    また、ナイスリーも完璧!何をやっても、完璧な美城さん!

    風ちゃんも見事、みっちゃんに食われる事なく、全てが上手!特にハバナのシーンは素晴らしかったですねー!

    これからの新生星組、とても楽しみですね!
    みっちゃん、本当におめでとう!

  5. ひつじ より:

    セリフの聞き取りやすさ、大事ですよね…やっぱりお芝居ですし。
    男役さんは特に、声を太く出そうとするせいなのか、どうにもセリフの聞き取りにくい方が多いような気がします。
    2度、3度観劇してようやく何を言っていたか理解する事もしばしば…
    せっかく良い事を言っていても、「えっ?ちょ、今なんだって?(^_^;)」となってしまうと勿体無いですよね。
    発声なのかな?太くてクリアな声を出すのは大変だと思いますが、何を言ってるかわからないと残念なので頑張ってほしいなと思います…。

    その点、北翔さんは安定だし、前回星逢の時はだいもん、その前の王家では、まぁ様の言葉は聞き取りやすくとても楽しめました。
    (まさおさんは、まさお節でも何故か自然と言葉は耳に入ってくるから不思議です(^_^;))

  6. クレア より:

    わかるー…
    今日のカフェブレでちょっと役に入った台詞一つでも
    すごくわかりました。
    いや、好きなんですけどね

  7. ぱご より:

    時代劇のヒーロー、なるほど!
    違和感のないストーリー展開に「ほー、こうすればスカイが主人公に!」と感心していたのですが、言われてみれば時代劇風な気がしなくもない・・・
    そんな時代劇っぽいムードがあっても、「時代劇風で興ざめ」にならないのが力業たるゆえんでしょうか。

    昨日の新人公演では、本公演スカイにそっくりな(笑)巨大な赤子が登場したという噂を耳にしました。
    もしご覧になっていらっしゃるようでしたら、感想をお伺いできれば幸いです。

    • ヅカ三昧。 より:

      出ましたねぇ大きい赤ん坊(?)…(;^_^)
      あとアデレイドの母ちゃん(関西風)も初お目見えでした。

  8. さくらんぼ より:

    はじめまして、
    楽しく拝見しています。…実は、
    こちらのようなブログにコメントを
    投稿するのは初めてで今、ちょっと
    ドキドキしてます (^^;;
    先日、もなかさん、のコメントを見て以来、毎日モヤモヤ感が募ってし
    まい(笑)思い切って投稿することにしました。
    真央さんのスカイ…べらんめえ調ではありませんでしたよ。
    一作前の、『ザ・レビュー2』のギャンブラーは、わざと誇張したような江戸っ子風べらんめえ調で役作りをされていましたが、
    『ガイズ&ドールズ』のスカイは、全く違うキャラクターで少年が持つ
    ナイーブさを秘めながらも、これまでの男役より男くさい…包容力ある大人の男性像を演じ切っておられました。歌劇の座談会かで、ご本人もはっきり役作りにおけるキャラクターの違いをおっしゃってましたし。スカイの口調や、しくざ…当時、高校生だった私の記憶に鮮明に残っていて。
    長い時を超えて宝塚大劇場で観た『ガイズ…』は各場面で、初演の思い出が蘇り涙…。
    殆どのセリフを覚えていた自分にも
    びっくり…。
    長くなってしまいました…
    北翔さんスカイの感想も書かせて頂こうと思っていましたが、またの機会にします(笑)
    失礼しました。