星組公演『ガイズ&ドールズ』感想その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サラ・ブラウン役、妃海 風

彼女も結構良かったんじゃないですか。元々実力派なので、ソツなくこなしていたと思います。

今回役的にどうしてもアデレイドのインパクトが強いんで、大劇ヒロインお披露目としてはちょっとだったなぁとも思いましたけど。

 

風ちゃんって静止画等で見るとな部分はありますが(失礼)、芝居声プロポーションとかがそれっぽいんで、雰囲気的にというかなんやかんやヒロインチックには見えるんですね。

 

実力面も含めて、相手役とのバランスもいい感じでとれているんじゃないでしょうか。 

歌唱力はみっちゃんに比肩すると思いませんが、少なくとも足引っ張るようなことはないし。

お芝居なんかも上手かったと思います。(スカステでも言われてましたけど、酔っぱらったところとか特に)

 

今後もコンビとしての活躍が楽しみです。

 

 

 

ネイサン・デトロイト役、 ゆずる

んー、何ですかね? 

いつものごとく特有の芝居表情作りで演じてるように見えるですけど、個人的に男役としてカッコいい表現になってるとは思えないっす。(今までも彼女の2枚目キャラがちゃんと2枚目として認識できたことがない)

勿論今回は3枚目のキャラなんでこれはこれでっていうのもあるのかもしれませんが、こういった3枚目キャラ演じる中でも、ちょっと男前な部分が覗くようであるともっと良いと思うんですけどね。

紅子は舞台上におけるルックスはカッコいい(、あると思います)ので、なんか勿体ないなぁと思います。

 

あと、台詞聞き取りにくいのが気になりました。今回周りの演者が口跡はっきりしてる人多いんで、この辺いつもより目立ちます。

ムラで観た時なんか、ナイスリーら3人との掛け合いの場面ほとんど何言ってるかわからない人でしたし。 

(ただ、この辺は東京ではかなり良くなってると思います。)

 

歌については、さすがにとのデュエットでの歌唱レベルの差が顕著ではあるものの、本人比で上手くなってると感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする